株式会社 関東農産

お問い合わせ

ホーム > 関東農産の仕事 > 施設園芸栽培

施設園芸栽培:土から学んだ技術を活かし『儲かる農業』を実現するしくみの開発を行っています

農業は今、大きな転換点に来ています。生産者の皆さんも、農産物を作ることと同時に、高い経済的な視点が求められています。私たちも現状に満足せず、「生産者が儲かる製品づくり」に一層励まなければなりません。こうした中できたのが、植物の生理生態、日本の気象風土に適した「施設園芸栽培」のシステムです。

施設園芸栽培の特徴

このシステムの特徴は、植物の生育に大きく影響する根域環境を、健全に維持するために開発した"培地"。誰がどこで使っても、理化学性や生物性が一定で、植物にストレスを与えにくい培地です。この培地の誕生により、独立ポットでの栽培が可能になりました。 独立ポットで育てることで、施肥灌水後の反応が早いため管理がしやすく、他の栽培方法に比べ無駄なく肥料も吸収します。また、既存の養液栽培より病気のリスクが少なく、病気対策や栽培環境整備のためのコストが低減できます。

施設園芸栽培の具体例:トマトの低段密植栽培

この栽培は、10a当たり5000〜6000本のトマトを栽培し、2〜4花房程度を残して摘心する、短期栽培を繰り返す栽培方法です。トマトの施設栽培において、理想的な根域環境を初めて実現。全く新しい製法で造り上げた「ANS培地」を利用することで、植物を健康に美味しく栽培することができます。 また、新たに高性能コントローラーを開発しました。水分量・施肥量温度が瞬時に把握でき、栽培環境や植物の状態に合わせた管理が可能。高品質・高収量と、ねらった通りの栽培ができます。

写真